| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Pappopはこんな奴


孫・孫・孫日記
マルタのやさしい刺繍
 

久しぶりにヒットな映画に出会えました!「マルタのやさしい刺繍」

夫に先立たれて生きる希望を失った80歳のおばあちゃんが、自分が作ったランジェリーショップを開くという昔の夢を実現させるお話。
DVDの写真を見てかわいいおばあちゃんが出てくるほのぼの映画かと思ったらそうでもない。
スイスの保守的な村なので、いろいろと大変。


生きがいを見つけることってなんと素晴らしいことなのだ!
何がきっかけになるかわからんね〜。
見てて気持ちよい映画だった。

私のお母ちゃんは洋裁師だ。
ランジェリーでなく服だけど、よく似たシーンが出てきた。

おばあちゃんマルタが既製のランジェリーショップに入って下着を見てるときに、この縫製がなってない!雑だ!というイチャモンをつけるシーン。
これは服を買いに行く時、必ずお母ちゃんが言ってた言葉だった。

ちょっと映画を見て苦笑いしてしまった。
お母ちゃんと服屋行くと気まずい空気が流れるのよね〜。

私が子供のときは「お母さんが服作ってくれて羨ましい〜!!」ってよく言われたけど、私は既製服が良かった。洋裁師の娘にしかわからない悩みだろうけどね。

どことなくお母ちゃんに重なるところもあって、良かったよこの映画。

この映画のHP見て知ったのだけど、このお話の舞台のエメンタール地方は穴あきチーズで有名なのね。
トムとジェリーのせいだと思うが、穴あきチーズは憧れだった。

家がかわいくてね!
特に窓が素敵。
どんなに新築できれいな家でも窓が素敵〜!!と思える家って少なくない?
うちの家の窓も味気ない窓でいやになるわ。

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
|22:35| Cinema | comments(4) | trackbacks(0) | posted by pappop -
スポンサーサイト

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
|22:35| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








おこんばんは♪

おかあちゃんは洋裁師さんですか!?
素敵なお仕事ですね!
最近、洋裁できる方殆どいないですよね?
映画のワンシーンとのオーバーラップ!
何となく想像できますよ(-。-)y-゜゜゜
わりとシュールな映画がお好みのようですね!
最近見る機会少なくなっちゃったな〜ホント・・・
posted by まーくん | 2010/03/22 11:23 PM |
>まーくんさん
最近は作ってないようだけど、服を作る姿を見ながら私は育ちました。なので、この映画は当時の事を思い出しながら見ました。

自分の好みの映画はよ〜くわかっているのだけど、言葉にするのは難しいね。シュールな映画も好きです。
映画も見るぞ〜っと気合いを入れなきゃ見れなくなって来ました。
見出すと、のってくるんですけどね。

まーくんさんのオススメ映画も教えてくださいね。
posted by PAPPOP | 2010/03/23 7:53 AM |
これは話してなかったかも…、うちの母も私の幼稚園時代は、内職で背広のの仕立て(?)小さかったのでよく覚えてないけど、男性の背広を直してたような…、そんなことをかじってたせいか、うちも仕立てにはうるさく、服を買いに行くたびにじ〜っと縫い方やら、始末の悪さやら指摘してた。嫌やった。めんどくさかった。だけど、その影響で私も縫製気になるねん。嫌やわ〜(苦笑)
血は争えん…。
なんかこの映画知ってる!というか映画紹介でみた。気にはなってたけど、見過ごしたやつやわ!よさそうね♪DISCASUへゴーやわ!
posted by yoshikoちゃん | 2010/03/27 6:22 PM |
>yoshikoちゃん

お母ちゃんが男性物はすごく難しいねん!って言ってたわ。
服買うときの見る目が違うもんね。
本当にめんどくさい(笑)

服を買ってもらうのも、こんなんでこの値段か!あほらしくて買えんわ〜って・・・。作ったる!という事になるねんけどさ・・・。


ちゃうねんって!!感じよ。

映画はいろいろ感じる所があって、いい感じやったよ〜!
posted by PAPPOP | 2010/03/27 11:43 PM |
Trackback
εΥȥåХåURL: http://pappop.jugem.cc/trackback/993
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.