<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
かいじゅうたちのいるところ
 


有名な絵本の映画化です。
3分くらいで読み終えちゃう絵本を、どんな感じで100分も膨らますのか!
めっちゃ興味がありました。

思い入れのある絵本なので、私のイメージが壊れちゃうんじゃないという不安もあったのだけど、
原作者のセンダックが監督に
「私は個人的にこの絵本を描いたので、あなたも自分の物語で作りなさい」とエールが送られたわけだけど、なので、私の持つイメージとはかなり違う。

映画という枠でストーリーを作るとこうなっちゃうのか〜と。


私がこの絵本が大好きな理由は、とにかくセンダックの絵だ!
そして次に好きだったのが、あっけらか〜んと終わっちゃう所だ。

かいじゅうたちを支配して大暴れして、お母さんが恋しくなり家に帰ろうとすると
「おまえを食べてやるから行かないでぇぇ」っと追いかけてくる。
でもマックスは「サヨナラ」っと手を振って家に帰るのだ。



この絵本が長く愛されている理由は、色々と書かれているが、子供はそんな難しい事を意識して読まないわけで、私は子供心に あんなに仲良く遊んで、食おうとするのか!という複雑な気持ちとマックスの「バッハハ〜イ」と手を振る性格が好きだったのよねぇ。

ここがもうすでに映画では違っていた。
マックスの暴れん坊さの理由、大人はわかってくれない葛藤、そんでもってかいじゅうたちにみんな名前があり、それぞれ個性もあり、一番驚いた事に悩んでいる。

王様と名乗るマックスに「この孤独をどうにかしてくれ」っとお願いする。
かいじゅう世界もいろいろ人間関係(かいじゅう関係か)が大変そうだ。


これは絵本と別物だっと思いながら観ても、どうしても私の持つイメージとかけ離れてて馴染めなかった。馴染めなかったから、別れの部分も入り込めなかった。

マックスに「バイバ〜イ」ッて別れて欲しかったもんな〜。
感動仕立てになってるのが気に入らんかったんだが、この着ぐるみはよくできてる。
監督のスパイク・ジョーンズってあまり好きじゃないんだけど、この絵本を愛してるんだなぁってのは、すごくわかる。

小枝の家はARTだったし、シルエットに映るかいじゅうたちとか絵になってた。
腕をちぎられちゃう、ニワトリのかいじゅう「ダグラス」がつぎに登場すると、枝がつけられてたのが好きだ。
この枝ヴァージョンのフィギアがあれば買いだったのに。


子どもの時、マックスのように隠れ家を作らなかった?
全然隠れてないのだけど、私はイスを3つくらい縦に並べて、その上にタオルやら掛け布団やらをかけるの。
家にあったへんなスタンドを中に入れて灯すとボヤ〜っと明るくなる。
お菓子やら、お母さんが作ってくれたフレンチトーストを運んできて、薄暗がりの中「ライオンと魔女」を読むのが大好きだった。

とてつもなくみすぼらしい隠れ家だったのだが、お母さんに文句を言われながらもずっとやってた。
映画のマックスの隠れ家を見て「ベッドがあればあんなに立派な隠れ家が出来るんだなぁ」っと羨ましかったよ。
2010.02.07 Sunday *** Cinema / 11:48 / comments(2) / -



スポンサーサイト
2017.09.26 Tuesday *** - / 11:48 / - / -



Comments
この映画はあまり興味がなかったな〜。
これが有名な絵本が映画化されてるとはそれこそ知らんかった。
絵本好きな方やったけど、読んだことないな〜。

この写真の風景もしかして…(笑)
yoshikoちゃん / 2010/02/07 2:33 PM
>yoshikoちゃん

この風景・・・大当たり。
映画の後、買い物に行ってきたねん。

別に絵本だって面白いわけじゃないんやけどね、どこが気に入ったのか何回も見てたんよ。
この絵本を子供のときに見てたら、このかいじゅうの再現は嬉しいねん。
「あ!!こんなんおったおった!!」って。

映像はかなり魅入ってしまったけど、感動ものだったので、ちょっと冷めてしまった。

100万回生きた猫を映画化してくれたら、素直に感動できると思うんだけどな。

PAPPOP / 2010/02/07 6:00 PM
POST A COMMENT









Infomation
もじdeパーツ
Archives
Comments
Recommend
Sponsor
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search