イメージは大事なのだ



お父ちゃんが亡くなって、お母ちゃんの友達がお母ちゃんにプレゼントしてくれた本「ねこはしる」。

黒猫ランと池の魚のお話。

この本をくれたお友達が「黒猫ランがお母ちゃん、魚がお父ちゃんとして読んでみて」 と勧められたんやって。

とってもいい話やったからあんたも読んでみてとお母ちゃんから渡された。
黒猫ランがお母ちゃん、魚がお父ちゃんと思って読んでな〜!を強調された。

ほんまにいい話しやった。
ジーンときた。
「あらしのよるに」という絵本を思い出したけど、表現方法はこちらの方が好きだ。
とても優しく語り掛けられてるように、物語が進んでいく。

劇でもあるらしく見てみたいなぁと思ったわ。

ただ、黒猫ランがお母ちゃんとして・・・がどうもしっくり来ない。
この自信なさげの純粋なランのイメージと自信満々なお母ちゃんとはあまりにも違いすぎて、お母ちゃんと思って読んでると、思わず『違うやろ!!」っと突っ込みを入れそうになる。

この本のラスト部分を言いたいのはわかるのだけどね。

その事をこっそり、チビスケに言うと
チビスケが「途中からランをばあちゃんとして読むのはやめた」って言うから噴出してしまった。


だけど、手の中にすっぽりと収まる小さな本は、とても優しく愛おしく感じたのは本当!!

スポンサーサイト

  • 2017.04.23 Sunday
  • -
  • 20:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
そういうさりげない励ましというか贈り物くれはるお友達っていいね。
自分の母親はか弱く見えません…。無理です。
  • yoshikoちゃん
  • 2010/08/01 9:41 AM
>yoshikoちゃん

本当にありがたいと思う。人間一人じゃ生きていけないもんね。
母強し!!ってことなんやろうなぁ。
昔に比べたら弱くなっちゃってるんやけど、今までの積み重ねはそう簡単に崩れないのです。
  • PAPPOP
  • 2010/08/01 10:43 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

    

selected entries

categories

S M

T

W T F S

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

recent comment

profile

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM