アリス

 

もうすぐ「アリス・イン・ワンダーランド」が上映される。
ずっと楽しみに待っていたので嬉しいが、ちょっと不安でもある。

私の中でアリスの世界が固定されているので、結構当たりハズレがある。


ただのファンタジーでなく、シュールでちょっと怖くて、それでいてワクワクするアリスに一番近かった映画は、何度も書いてるけどヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」
これは文句なし。

実写TV版の「不思議な国のアリス」も長いけどまぁ許せる。
でもアリスの雰囲気がちょっと違う。

ルイ・マルの「ブラック・ムーン」はシュールすぎてよくわからないけれど、あのエロチックな怪しさは後に残って良いかも。見終わって何なんだ?って首かしげちゃうけどね。

本当にルイ・マルの映画の幅の広さにはびっくりする。
一番好きなのは「ビバ・マリア」
ジャンヌ・モローとブリジット・バルドーが最高なの♪



そしてそしてアリスの世界だって言うから見た「ローズ・イン・タイドランド」はひどかった。
後味の悪さッたらないわ。

で、今回のティム・バートンのアリス。
予告編で見ると、なかなか期待できそうだけど、ティム・バートンのコテコテさがうっとしいんじゃなかろうかと心配になる。
ジョニー・デップが演じるいかれ帽子屋からしてコテコテやん。

でも朝一番に見に行きますとも!グッズ狙いで〜。


スポンサーサイト

  • 2017.04.23 Sunday
  • -
  • 21:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
PAPPOPさんは好きなことがとてもはっきりしてますね。早起きして素敵なグッズをゲットできますように。
東京に来て、こちらは着付け、文楽、歌舞伎、活弁、昨日は落語となんだか和三昧の日々を送っています。和にはとんとご縁がなかったのに、いろんなことに出会えるって素敵です。
  • ジュン
  • 2010/04/13 2:19 AM
>ジュンさん

子どもの時読んだ本には全部思い入れがあるんです。
アリスもその1つ。

映画館グッズは後で手に入らないので、少々高くても買っておかないと後悔する・・・。朝一番じゃないと売り切れちゃうのよね。
あっても必要ないものだろうと言うような物でも、売り切れだと余計に素敵な物なんだ〜っと思う性格なのです。

若かった時よりもだんだんと和の魅力にとりつかれます。
最近は季節感を楽しむようになりました。

いろんな事に出会えて楽しみの幅が広がるって素敵ですね。
  • PAPPOP
  • 2010/04/13 11:53 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

    

selected entries

categories

S M

T

W T F S

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

recent comment

profile

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM